台湾 合歓山ハイマウンテンティー-150g(2024年春茶)

NT$850

  • TWD/JPYの為替レート:oanda.com
  • happy100コード、即時にNT$100 OFF
商品コード: Z5843780 カテゴリー: タグ: ,

2023年5月29日に収穫された合歓山の高山茶は、標高2100メートルの茶園で育ちました。この茶園は標高が非常に高いため、成長は遅く、2023年の春茶は5月29日まで収穫されませんでした。製造されたハイマウンテンウーロン茶は、清新で濃厚な味わいであり、茶葉には明らかなゼリー状の質感があります。

合歓山は台湾の高山で、最高地点は海抜3400メートルです。毎年11月から4月までの期間、ここでは頻繁に雪が降り、合歓山は台湾で雪を楽しむ有名なスポットとなっています。海抜が高く、年間平均気温が低いため、この地域は茶樹の生育には適していません。茶葉の生産量は非常に少ないです。しかし、茶農家はこの低温環境で茶葉が果物のような香りを発することに気付き、この独特な味わいが茶葉市場で非常に人気があります。そのため、西暦2000年以降、この地域ではますます多くの農民が開墾し、茶樹を植えるようになりました。

ただし、高山環境が茶樹の生育には不向きであるため、茶産地の範囲は標高1600メートルから2100メートルの間に限られています。これ以上高いと茶樹は生存困難であり、高標高と低い年間平均気温の組み合わせが生産コストを高めています。そのため、合歓山の茶葉生産量は常に少ないままです。質が良くても産量が少ないという状況から、合歓山高山茶は台湾の茶葉市場で最も人気のある製品となっています。

  • 茶園の標高は2100メートルで、低温の環境により茶葉の苦味が低く、同時に甘味が高まっています。
  • 標高3400メートル近くの高山に近接し、年間を通じて冷たい風が吹き抜けるため、茶葉の成長は遅く、葉が厚く育ち、果物の香りが漂います。
  • 合歓山で最も優れた茶園は、有機肥料を使用しており、茶葉の香りが非常に良いです。
重さ 150 g
茶園の標高(メートル)

2100m

ブランド

廖長興茶業

収穫方法

人手による茶摘み

包装

真空袋包装された茶

原産地

台湾

レビュー

レビューはまだありません。

“台湾 合歓山ハイマウンテンティー-150g(2024年春茶)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です