台湾のウーロン茶の種類

台湾の茶は中国の福建省から始まり、伝統的な中国福建のウーロン茶(鉄観音ウーロン、武夷ウーロン)を保持するだけでなく、亜熱帯の島の気候に依存してさまざまな種類のウーロン茶を発展させました。以下は台湾のウーロン茶の一般的な種類です:

包種茶(パオジョンチャ):台湾北部で生産され、新北市の坪林区と石碇区が最大の生産地です。包種茶はストリップ状で、軽い発酵と軽い焙煎が特徴です。台湾のウーロン茶の中で最も発酵が軽いものであり、新鮮で芳香な味で知られています。

Baozhong Tea

凍頂烏龍茶(トンディンウーロンチャ):原産地は台湾南投県鹿谷郷で、現在は南投県全体に広がっています。外形は半球状で、中程度または重度の焙煎が特徴で、豊かな味わいがあります。包種茶と並んで台湾で最も代表的な2つの伝統的なウーロン茶です。

dongdingoolong

鉄観音茶(ティエグアンインチャ):中国福建省原産で、移民とともに台湾に広がりました。台湾の鉄観音茶の主要生産地は台北市で、重度の焙煎と軽い発酵が特徴です。

Tie Guan Yin Tea

東方美人茶(トウホウビジンチャ):台湾全土で生産されています。ストリップ状の茶葉が特徴で、小緑葉蟬(Jacobiasca formosana)によって噛まれた茶葉が収穫され、ウーロン茶に加工されると甘美な果物の香りが広がります。軽いまたは中程度の焙煎と重度の発酵のウーロン茶に分類され、台湾のウーロン茶の中で最も発酵が重い可能性があります。

Dongfang Meiren

紅烏龍茶(ホンウーロンチャ):台湾全土で生産されており、半球状の形状をしています。東方美人茶と同様に小緑葉蟬(Jacobiasca formosana)に噛まれた茶葉から作られます。異なるのは半球状であり、焙煎度がより高いことです。

red oolong

軽発酵烏龍茶(ケイハッコウウーロンチャ):主に台湾中部の南投県と台中市で生産されています。半球状の形状で、軽い発酵が特徴で、焙煎を経ないか軽い焙煎がされます。台湾の高山ウーロン茶もこのカテゴリに属します。

Lightly Fermented Oolong

高山烏龍茶(コウザンウーロンチャ):主に台湾中部の南投県と台中市の標高1000から2600メートルの高山で生産されています。半球状の形状で、軽い発酵のウーロン茶の一種で、異なるのは1000メートル以上の高山で生産され、寒冷な山の環境と大きな温度差が、高山烏龍茶に高い甘さと低い苦味をもたらしています。

High Mountain Oolong Tea
お買い物カゴ